株式会社アルプスは首都圏を中心に複数のレストランフランチャイズ店舗展開を行っている企業です。

先輩社員インタビュー

先輩社員インタビュー

調理器具や食材など
最高の環境設備の中で仕事ができる

  • 2004年入社
  • 青木 崇博 (36歳)
青木 崇博
入社動機は?
もともと地元のイタリアンレストランで働いていましたが、さらなるキャリアアップと、イタリア料理の花形「ピッツァ職人」の道を極めたいという思いを胸に入社を決意しました。
仕事内容は?
メインはピッツァイオーロ(ピッツァ職人)です。サルバトーレではピッツァイオーロ試験にパスした人間だけがお客様にピザを提供する事ができます。店名にも“PIZZA”と入っている通り毎日非常に多くのピッツァが出ており、最も多い時で一日500枚以上焼成する時もあります。
仕事のやりがいは?
湿度や温度、生地の形成から焼成、窯の状態を最良に保つことなど、全てがピッツァの味にダイレクトに繋がるだけでなく、ピッツァは職人の状態で味が変わると言われているほど繊細なため、常に気を抜けない“真剣勝負”というところに日々やりがいを感じています。
仕事で大変なことは?
ピッツァは窯から出した瞬間が最も美味しい状態なんです。オーダーから提供まで、一刻も早くお客様に料理を提供する事が、一番且つ永遠の課題です。
青木 崇博
今後の目標は?
毎年イタリアのナポリで開催されているピッツァ職人の世界コンペティション「Pizzafest」に日本人代表(3名枠)として選出されること!
当社をオススメするポイントは?
サルバトーレはピッツァの代表格「マルゲリータ(トマト、モッツァレラ、バジリコのシンプルなピッツァ)」を日本国内で最も多く提供している店舗です。豊洲店ではナラ材を使ってピザを焼成していますが、ピザ窯、調理器具、厳選されたこだわりの食材など、最高の環境設備の中で仕事ができるというのが一番のオススメポイントです。また、先日休みの日にスタッフみんなで大型スポーツアミューズメント施設に行ったんですが、時間を忘れて朝まで遊んじゃいまして・・・というくらいスタッフ同士仲がいいのもポイントです 笑

頑張り次第でいくらでも
キャリアアップできる道がある

  • 2004年入社
  • 高橋 勇輝 (35歳)
高橋 勇輝
入社動機は?
最初は当社が持っている飲食店のアルバイト店員として入社しました。その店の雰囲気が自分にとても合っていると感じた事と、社長の人柄や考え方に感銘を受け、社員登用という形で正社員となりました。
仕事内容は?
店長というポジションですが、調理、ホール、メニュー策定、仕入れ先との交渉など、必要に応じて何でもこなします。時には内装の発注なんかもやります。
仕事のやりがいは?
うちは店舗がいくつもあるようないわゆるチェーン店ではありませんので、お酒や料理メニュー等は私の判断である程度自由に決めることができます。もちろん一定の責任はついて回りますが、やった分だけ成果として跳ね返ってくるというところにやりがいを感じています。
仕事で大変なことは?
スタッフの年齢が幅広いので、いい意味で自分も若くあり続ける事が大変と言えば大変です 笑
高橋 勇輝
今後の目標は?
やりがいでお話した内容と矛盾してしまいますが、やはり他店舗展開を目指したいです。出す場合はここ(豊洲)からそう遠くない場所がいいかなと考えています。
当社をオススメするポイントは?
スタッフ同士の仲の良さはもちろん、社長との距離の近さです。
距離が近いというのは上から下まで風通しがいいという事で、いい意見であれば積極的に採用されます。
あとは、頑張り次第でいくらでもキャリアアップの道が開けているというのは、アルバイトから上がった私自身が証明済みです。

無知だった自分が、
今ではパンの魅力にはまっています 笑

  • 2005年入社
  • 橋本 淳 (40歳)
橋本 淳
入社動機は?
学生時代に飲食店で働いていた時、接客の楽しさや奥深さ、お客様を楽しませることに喜びを感じ、将来はこの道にと決めていました。私はいわゆる転職組ですが、飲食店を複数展開しているというところに魅力を感じ、当社への入社を決めました。
仕事内容は?
仕込みから始まり、成形、焼成など、パンを製造するために必要な工程はもちろんのこと、レジ打ちやお客様対応など、店舗の運営に関わる事は一通り何でもこなします。
仕事のやりがいは?
パン屋という特殊な業態について、純粋にやりがいと面白さを感じています。フランスパン一つとっても、長く造るのには相当の技術が必要なんです。
あとは常連さんがつくと嬉しいです。「いつもの」で分かるお客様もいるくらいです。笑
仕事で大変なことは?
やはり朝が早いことです。個人店のパン屋さんよりは遅いものの、仕込みはAM5時から始まりますので。あとは店が止まることがないことですね。飲食店の昼夕食間のような、店全体の休憩というものがないので、常に手を動かしています。ちなみに、私のスマホには歩数計がついているのですが、多い時で2万歩を超えるのはひそかな自慢です 笑
橋本 淳
今後の目標は?
目標というより夢や憧れに近いですが、将来的には自分のパン屋を出してみたいと思っています。正直、4年前の就任当初はパンについて何も知りませんでした。でも働いているうちに徐々にパンの魅力にはまっていき、今では毎日パンの事しか考えていないくらいです。
当社をオススメするポイントは?
本格的なパンの製造を一からしっかり学べることです。本社から降りてきたレシピやメソッドを厳格に守っているので、経験・未経験問わずどなたでも一人前のパン職人に成長する事ができます。あとは、出来立てのパンを食べられること。これはもう感動するぐらい美味しいです。余談ですが、常連の方達はいつ焼き上がるかを熟知していて、ちゃんとそのタイミングに合わせて来店されるぐらいです。

やりたい事に対して
“会社が協力的”というのが一番のメリット

  • 2014年入社
  • 山口 葵 (27歳)
山口 葵
入社動機は?
以前は千葉の銚子にあるイタリアンレストランで働いていました。
ある日サルバトーレ豊洲店(現勤務先)に訪れた際、満員の店内や雰囲気、活気に圧倒されました。
そして、そこで初めてPIZZAを口にした時、直感で「ここだ!」と思いました。
仕事内容は?
仕事は主にホール全般業務で、採用や新人教育も担当しています。でも一番のお仕事は、キッチンが作った料理を最高の状態でお客様にお出しする事、お客様から頂いた「美味しい」という一言をしっかりキッチンに伝える事。つまりお客様とキッチンの橋渡し役だと考えております。
仕事のやりがいは?
イタリアンレストランのすべてが大好きなので、そこに携われているということ自体が私の中でやりがいです。あとはお客様に「美味しかった」と言っていただけた時です。また次回も言ってもらえるように頑張ろう!と思います。
仕事で大変なことは?
私、逆境になればなるほど燃えるタイプなので、あまり業務で大変と感じることはないです。笑
強いて言えば、卒業シーズンはバイトの入れ替わりが激しいので、業務をこなしながら新人教育をするのが大変といえば大変です。
山口 葵
今後の目標は?
現在ソムリエの資格の取得に向けて日々勉強中です。現在はホール全般を担当していますが、いつかピッツァイオーラ(女性ピッツァ職人)の資格を取ってキッチンにも入りたいと思っています。将来的にはホールの気持ちもキッチンの気持ちも全て理解できる女性店長を目指したいです!
当社をオススメするポイントは?
アットホームな会社なので、上司への質問や相談がしやすく、とても働きやすい環境だと思います。また、ソムリエの講習を受けたいと言えば受講させて頂けるなど、自分がやりたい事に対して“会社が協力的”というのが一番のメリットだと思っています。